naritayaのワイン

2021年、仁木町旭台245番地にある naritaya vineyard のぶどうが初収穫をむかえました。

 通常、苗を植えてからワイン用に果実が収穫できるまで3~4年かかると言われていますが、さまざまな奇跡が重なったことで2年目のぶどうの樹から少しだけ果実を収穫することができ、同じ仁木町旭台にあるル・レーヴ・ワイナリーさんが快く委託醸造を引き受けてくださいました。

そうして生まれたnaritaya初めてのワイン「Asahidai 245 Blanc 2021」。

思いがけず生まれてくれたワインなので「Épisode 0」と名付けました。

4品種+αのフィールドブレンド(混醸)で野生酵母の力だけで発酵したワインです。


* 現在、naritaya店内限定でグラス(テイスティングサイズ)にてご提供しています *

Asahidai 245 Blanc 2021  Épisode 0

アサヒダイ245ブラン 2021 エピソード 0

ぶどう品種:シャルドネ、ピノ・グリ、リースリング、ピノ・ブラン ほか

生産本数:116本

アルコール:12.0%

価格:3,300円 (税込)*

*ボトルの販売は終了しております。


エチケットについて

エチケットには、エゾシカ、キタキツネ、ウサギ、アライグマ、ヒグマが描かれています。北海道でぶどうを栽培されている方にはピンとくる動物たち。ぶどうにとっては「敵」であることのほうが多い彼らですが、ともに収穫を祝う仲間としてエチケットに登場してもらいました。

イラストは、札幌を舞台に誕生した絵本「おばけのマール」シリーズの絵を担当していることでも知られる札幌出身のイラストレーターの なかいれい さんに縁あって描いていただきました。